食器洗い機ってどんなもの?

やはり一番の原因は

一番の原因は皆さん大多数の方が予想されているように「水仕事」が挙げられます。

水道水だけではそこまでではありませんが、もっとも大きなダメージを与えるのが洗い物で必ず使う食器用洗剤です。

人の皮膚は皮脂と皮脂膜により、外からの刺激などから肌を守っています。
洗い物で使う食器洗い用の洗剤は添加物やさまざまな化学物質が大量に入っており、洗浄力もかなり強くなっています。
それだけさまざまな人体に悪影響を及ぼす薬品が入っている洗剤を使用すれば当然のことながら手が荒れてしまいます。
使っていくうちに手から皮脂や脂分をどんどんうばっていきます。

余談ですがシャンプーやボディーソープなどでも手荒れが起きるケースも意外と多くあります。

冬場に使うお湯も良くない

また、冷たい水で食器洗いをするのは辛いということで、冬場の洗い物の際に熱いお湯で食器を洗う方も多いでしょうが、このやり方も実は手には良くないものなんです。

熱いお湯を長時間肌に当てていると皮脂がかなり奪われてしまいます。
そこに食器洗い用の洗剤を使用すると肌は二重のダメージを受けてしまいボロボロになっていきます。

では、手が荒れたときにどのような症状が出るのかというのを少しお話します。
一番わかりやすいのは手がかさついてかゆくなったり、指先がひび割れたりする症状ですね。
その状態を何もせずにずっと放置しているとひび割れが手全体に広がり、ひどくなると出血を伴ってしまいます。
そうなってしまうと自然には治らないので皮膚科に駆け込む羽目になります。





このコラムをシェアする